その発想はなかった。壊れたレイバンがマドラーになるまでにはドラマがあるのだ。

▼シェアシタ貴方ヘ福ガ訪レマスヨウニ▼

ウェイファーラーをかけたボブ・ディラン

メガネを見れば人がわかる。メガネにこだわる男たち。

意外と知られていないが、自動車工場では裸眼が禁止である。

あらゆる場所に危険が潜む自動車工場では、3秒視界を閉ざされただけで、重大な事故に繋がりかねない。
だから目の保護が規則で義務づけられている。

必需品だけに、もちろんホンダ社からゴーグルの支給はある。
ただこのゴーグル、3D映画で配られるやつと五十歩百歩のチープさで全然イケてない。

目の保護さえしていればメガネでもOKなので、必然的にほとんどの人間がメガネを着用することとなる。
おれもゴーグルを着けたのは最初の数日だけで、すぐにメガネ派へと寝返った。

男たちの、こだわりと個性が出たメガネの数々。
これを観察するのが意外と楽しい。


ダントツの一番人気はジョニー・デップが着けているような、クラシカルなウェリントン型
知的さとオシャレさのバランスが良く、ヒゲとの相性も抜群。
一本持っておいて損はないメガネだ。
ちなみに男たちのヒゲ所有率は、肌感で60%を超える。

次に人気なのが、意外にも鋭角的なシェイプのメタルフレームである。
インテリなイメージが強いメタルフレームだが、実はこの形はヤンキー顔と相性がいいのだ。
アウトレイジの加瀬亮のような、いつキレるかわからない危ない雰囲気を演出できる。

その次からはバリエーションに富んでくる。

オーソドックスなルックスながら、最先端の超軽量素材を使ったストレスなしメガネ
場所は埼玉にして気分は六本木。作業中もアゲアゲなパリピ仕様の、白ぶちフレームチャラ男メガネ
ハードな動きでもずれずに安心。スポーツタイプといえばこの男、スラムダンクは海南大附属高校所属・宮益型メガネ
スラムダンクの影のメガネくん
日本人の色彩感覚をはるかに超越。CCBのドラムっぽいピンクフレーム仕様の、ロマンティックが止まらないメガネ

などなど、各々のポリシーが反映された興味深いセレクションだ。

自分の人生で宮益をフィーチャーする日がくるなんて思いもしなかった。

おっさんのAが、世界のレイバンをデストロイ

人気のブランドはやはりJINSZoffの二強である。
いくらアウトサイダーたちでも、ここのコスパの良さには抗えない。

こだわる男になると、レイバンやオークリー、999.9(フォーナインズ)などに手をのばすが、やはりここらのハイブランドともなると、誤って落としたときの精神的ダメージがでかいので、目の保護とは違った意味でリスキーである。

一度、レイバンのウェイファーラー(ハリウッドスターやミュージシャンたちの定番メガネ)を落とした男を見たことがあるが、これは悲惨だった。

ウェイファーラーとボブ・ディラン

ウェイファーラーをかけたボブ・ディラン。 むっちゃかっこいいな。

男の名前は鍋田さん。

事件は就業前のラジオ体操の時間におきた。
本来はしっかり着用していなくてはいけないメガネを、なぜかその日に限って鍋田さんは胸ポケットにいれていた。

体操のなかば過ぎ、体をひねる運動のところで、自慢のレイバンがぽろりと落下した。
――あ。
と思った次の瞬間、例のチャキチャキとAのポーズをする体操が始まり、隣のおっさんがお手本のようなAのポーズでレイバンを踏んだのだ。

レイバンの破壊

デストロイ!

鍋田さんの絶叫
おっさんはAのポーズのまま硬直
妙に爽快感のあるパキッという音と共に、レンズがとれ、フレームは割れ、本体とツルの部分をつなぐ金具まで欠損して、レイバンは無残にバラバラとなった。

そこからあまりに現場が混沌としたため、記憶が今いち残っていない。
ただ、数分前までレイバンと呼ばれていた残骸を床から拾う、鍋田さんの哀愁ある背中だけがが目に焼きついている。

その後ラインに向かう際に目をやると、例の映画館ゴーグルをかけた鍋田さんが、レイバンの折れたツルの部分を大事そうに握りしめていた。

「それとっておいてどうするんですか?」と聞いたら、
「マドラーにしてやんよ!」と予想外の返事がかえってきた。

なるほど。
いや、その発想はなかった。おれは素直に感心した。
と同時に、その正気とは思えないメガネへの鎮魂歌に、彼の負った傷の深さがうかがえた。


レイバン製マドラー

君だけのマドラーが誕生だ。

EYE am a HERO. Zoffの営業力

ちなみにUKロック好きのおれは、ジョン・レノンやリアム・ギャラガーをイメージした丸メガネを着用していた。

Zoffルミネ川越店のメガネ女子な店員から「今まで接客してて、こんなに丸メガネが似合う方、初めてです!」と言われ、うかれて購入したものだ。

やはりメガネを選ぶうえで、メガネ女子の声は重要なのだ。

仮にあれが在庫をはけさせるための狡猾なメガネ女子の知恵だったとしても、
仮にあの言葉を発した際に彼女が思いっきり目を閉じていたとしても、おれは君を許そう。

車を作るうえで、まったく必要のないPCレンズをプラス3,000円かなんかでつけられたけど、おれは君を許そう。

yeah, EYE am a HERO.  I Love MEGANE GIRL !!!
(ああ、おれはヒーローだ。おれは好きだぜ、メェガァネグァァァル!!!)

ウェイファーラーをかけたボブ・ディラン

ウェイファーラーをかけたボブ・ディラン。かっこよすぎて2度目。